きまぐれPressのGlamourize Days

yayuko.exblog.jp ブログトップ

キノコ狩り体験ができる温泉旅館② -「HATAGO井仙」@越後湯沢

キノコ狩りを終えて、温泉旅館「HATAGO井仙」に戻り、ディナーの時間177.png
オープンキッチンとダイニングを備えた桜の間に向かうと、採りたての大量なキノコを持って隊長が待ち構えていました。

a0139977_15022318.jpg

a0139977_15023893.jpg

すぐに調理ができるように、綺麗に整えられたキノコたち。
大きなものから小さなもの、珍しい紫色まで、あまり市場で見ることのない新鮮なキノコ。
なにより、自分たちで採ってきたというのが気分を高揚させてディナーへの期待を高めました。






オープンキッチンでは様々な食材を揃えて、料理長自らディナーの準備を始めていました。
ザルに並べられた山菜や野菜も身がたっぷりとしていて美味しそう。


a0139977_15100181.jpg


そんな料理長の調理を眺めながら、まずはアペリティフタイム。
越後湯沢に酒蔵があり、日本酒好きなら誰もが知っている「上善如水」のスパークリングで乾杯しました。
その名の通り、口当たりが柔らかくクセがない日本酒なので、そのスパークリングもとても飲みやすく美味しくて、ちょっとワインのよう。


a0139977_15100728.jpg


ここで、料理長が出汁の説明を。
カツオと昆布と温泉水「神水」を使って取った出汁。それを目の前で味見させてくれました。
優しい味わいで、料理に使わずともこのままぐいぐい飲めてしまうほどの美味しさ。感動177.png


a0139977_15281884.jpg


その後も、採ってきたキノコを茹でたりして、着々と調理を進めて。


a0139977_15363981.jpg

a0139977_15372104.jpg


採ってきた白いキノコから前菜が仕上がりました。


a0139977_15372884.jpg


野生感たっぷりのキノコは見ているだけでも美味しそう。


a0139977_15394044.jpg


調理をしている姿を目の前で見ながら、楽しかったキノコ狩りを思い出しておしゃべりしたり、新潟の美味しい日本酒を飲んだり、贅沢な時間。
日本酒は新潟のものをいくつか用意していただき、ディナーコースの料理に合わせて、いろいろと飲ませてもらいました。それぞれ味わいが異なり、ここでしか買えない貴重な生酒も。


a0139977_15410790.jpg


HATAGO井仙のオーナー井口社長は、日本酒を愛してやまず、利き酒師の資格もお持ちです。日本酒の知識は深く、お話も面白いので、ついつい聞き入ってしまいました。欲を言えば日本酒の話だけでも、もっともっと聞きたかった!!笑
手に持っているのは、HATAGO井仙×青木酒造がコラボレーションした日本酒。年間で作れる本数が決まっているため、ここでした買えない限定品です。生酒らしい新鮮さとお米の味わいが感じられるお酒でした。


a0139977_15411268.jpg


さて、前菜が出来上がったところで、いよいよディナースタートです。
今回のキノコ狩りと繋がるディナーは、特別に用意された「雪国ガストロノミー」コース。

雪原をイメージしたという白くてモダンなお皿の上に、前菜が3種。すべて、収穫してきたキノコで作られていました。野生のキノコは味がしっかりしていて深く、とても美味しかったです。


a0139977_15543109.jpg


2品目は「里山の恵み」と題して、木製トレーの上に、山菜やいちじく、柿などの果物を使った料理が美しく盛り付けられていました。
山の中で豊かに育っている様子をイメージしているようです。
そして新潟といえば柿。秋か冬にかけて軒先からぶら下がっているイメージがありますね、柿和えは甘くて美味しかった。


a0139977_16071743.jpg


新潟ではお正月に食べるという「のっぺ煮」。
ここにも採ってきたキノコを使っていました。発見した時に皆で驚いた紫色のキノコはたまにしか出会いないようです。そんな貴重なキノコもみんなのお皿に少しずつ。一番手前のひとかけら。調理して色が変わったのでちょっとわかりずらいかな??笑


a0139977_16072455.jpg


美味しいキノコ料理に舌鼓を打ちつつ楽しんでいる間も、料理長は着々と次の料理を作り続けていました。
ここでメインのお肉、「妻有ポーク塩麹低温ロースト」が登場。大きなお肉の塊を最後はバーナーで炙ってからスライスしていました。
妻有ポークは、新潟県妻有地方の農場が地域ぐるみで健康な豚を育てる取り組みを行って生まれたブランド豚だとか。
塩麴に漬けた後にじっくりとローストされたお肉はとろけるように柔らかくて、非常に美味しかったです162.png


a0139977_16073195.jpg

a0139977_16073732.jpg


一通り食べ終えたところで、最後はキノコご飯が土鍋で炊きあがりました!!料理長が蓋を開けた瞬間に立ち上がった湯気と香りは、食べずとも美味しさが伝わってきて感動ものでした。


a0139977_16101632.jpg


お味噌汁もキノコたっぷり。


a0139977_16080248.jpg


デザートはマカロンと熟れてとっても甘い柿など、和洋コラボレーション。


a0139977_16080764.jpg


手つかずの自然の中で体験した初めてのキノコ狩りから、目の前で採ったキノコを調理するのを眺め、美味しいディナーと日本酒をいただく贅沢なコース。新潟にまつわる様々なお話も聞けて、地元に根付いた食文化「雪国ガストロノミー」を知ることができる楽しく貴重な体験コースでした。
キノコ狩りは10月中旬から11月いっぱいくらいまで体験できて、春には山菜狩りも行うようです。今度は山菜狩りをしに訪れたい177.png

新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455


by 40_pink_roses | 2017-11-25 12:45 | 新潟
line

食べること、飲むこと、おしゃれすること、旅すること・・・自分の好きなことを気の向くままに。


by 40_pink_roses
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31