きまぐれPressのGlamourize Days

yayuko.exblog.jp ブログトップ

キノコ狩り体験ができる温泉旅館 - 「HATAGO井仙」@越後湯沢

新潟に行ってきました169.png
向かったのは、東京から新幹線で80分の越後湯沢駅。
そこから歩いて60歩(駅前なのでいつもそう説明しているらしい。笑)の「HATAGO井仙」という温泉旅館。


a0139977_12192930.jpg


a0139977_12194786.jpg


こちらで行っているキノコ狩りから料理のデモンストレーション、そしてディナーまでいただける「雪国ガストロノミーツーリズム」に参加してきました。



More
# by 40_pink_roses | 2017-11-23 14:10 | 新潟

9月29日オープン! - 「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」@赤坂

アメリカンスタイルのローストビーフ “プライムリブ” の専門店「LAWRY'S THE PRIME RIB」(ロウリーズ・ザ・プライムリブ)の赤坂店が場所を新たにオープンするということで、先日、一足お先にプレオープンに行ってきました169.png

赤坂店は日本第一号店として赤坂ツインタワーにありましたが、2014年に建物の建て替えにより閉店したのは記憶に新しい。
今回オープンした赤坂店は、同じく9月29日にグランドオープンとなった新しい施設「赤坂インターシティAIR」の3階にあります。
溜池山王駅から直結の便利な施設。

レストランの手前には、カフェ&バーラウンジ「FRANK BAR」が併設されています。
この字のバーカウンターに、ゆったりとしたソファ席もあり、このエリアだけでも広くて贅沢な空間。


a0139977_23274788.jpg


バーを横目に進むとLAWRY'S THE PRIME RIBの看板が。


a0139977_09151575.jpg



More
# by 40_pink_roses | 2017-10-03 19:19 | restaurant

アイラ島の旅③ - キルホーマン蒸留所 その2

アイラ島1日目。
最初に訪れたキルホーマン蒸留所の続き。

蒸留所の生産過程をツアーで回って見学した後、いよいよ楽しみにしていたテイスティング169.png
ワンランク上のPremium Tourを申し込んでいたので、テイスティングルームでゆったり座りながら。

部屋に入ると、すでにテーブルにはテイスティンググラスがセットされていました。
全部で5種類。


a0139977_20572669.jpg

a0139977_20573253.jpg



More
# by 40_pink_roses | 2017-09-30 21:50 | アイラ島

アイラ島の旅② - キルホーマン蒸留所

アイラ島に到着した日。
来年オープン予定のアイラ島9つ目となる新しい蒸留所「ARDNAHOE」のサテライトショップを訪れた後、最初の蒸留所KILCHOMAN(キルホーマン)に向かいました。この蒸留所は2005年にオープンしたアイラ島では一番新しい蒸留所。小規模でボトリングまで工場内でやっていると聞いていたので、見学ツアーが楽しみでした。

キルホーマン蒸留所は島の西側に位置しています。道の両側は牧草地が広がり、羊やら牛やらを眺めながら延々と車で進むと、蒸留所の入り口が見えてきました。周りに何もない。笑


a0139977_12095461.jpg

さらに道を進んでようやく到着。
KILCHOMANの看板が掲げられた建物が最初に見えました。その前にはたくさんの樽。
樽ってこんな感じに外に放置するものなのね。と変なところに関心。


a0139977_12160496.jpg

a0139977_12164641.jpg



More
# by 40_pink_roses | 2017-09-28 20:17 | アイラ島

アイラ島の旅① - 9番目の蒸留所「ARDNAHOE」

念願のアイラ島に行ってきました!
知る人ぞ知る「ウイスキーの聖地」とも言われるスコットランドの南西にある小さな島で、島内に8つのウイスキー蒸留所があります。
ピート(泥炭)と呼ばれる地層があり、これを使うことによってスモーキーで薬のような独特の香りと味わいがするウイスキーが作られています。
このアイラ島のシングルモルトが大好きな私としては、いつか行きたいと懇願していた島でした。

アイラ島へは、グラスゴーから小型機に乗っていきます。
日本からの直行便はなく、ヨーロッパのどこかを経由するのですが、オランダの航空会社KLM好きとしては、ここはあえてKLMに乗りアムステルダム経由で。
朝、成田を出発して、グラスゴーに夜到着し、1泊してから翌朝アイラ島へと出発しました。

乗客30人ほどの小さなプロペラ機。

a0139977_18451551.jpg

実は、行きはflybeという航空会社の飛行機に乗ったのですが、帰りはLoganairという違う会社に変わっていました。ヨーロッパをメインとしている「flybe」が、よりローカルなスコットランドの航空会社「Loganair」と提携して運行していたのが、今年の8月いっぱいで契約が解消されて「Loganair」単体の運行となったのです。
出発したのは8月、そして戻るのが9月、というわけで路線は一緒なのに往復で飛行機が変わるという不思議なタイミング。



More
# by 40_pink_roses | 2017-09-22 17:45 | alcohole
line

食べること、飲むこと、おしゃれすること、旅すること・・・自分の好きなことを気の向くままに。


by 40_pink_roses
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30